これで味が決まる! 煮物の黄金比率

これで味が決まる! 煮物の黄金比率

こってりした煮汁がおいしい鶏手羽先と卵の親子煮。撮影:原ヒデトシ

これで味が決まる! 煮物の黄金比率

これで味が決まる! 煮物の黄金比率の画像

『きょうの料理ビギナーズ』11月号の特集は「黄金ルールでホカホカ煮物」。わかりやすく、すぐに役立つルールで、こんな煮物もあんな煮物もつくれます。料理研究家の尾身奈美枝(おみ・なみえ)さんが提案する、“煮物の黄金比率”とは?




* * *




「うすすぎたり、濃すぎたり、味がなかなか決まらない」という、煮物最大のお悩みをズバッと解決するのが、黄金比率。前回、味の着地がピタッと決まると大好評だった和風の黄金比率を、今回は、こってり味、あっさり味、丼に常備菜と、バリエーション豊かに紹介します。これであなたの煮物ライフも、さらに充実間違いなし!


\r\n■これがこってり黄金比率\r\n


水3:酒3:砂糖1:しょうゆ1



アツアツの白いご飯と相性抜群の甘辛こってり味は、誰もが大好きな“お母さんの味”です。魚介や肉を使う場合は、だしを使わなくてもOK。まずはそのままつくってみて、次からは好みで砂糖、しょうゆの比率を加減すれば、“あなただけの黄金比率”ができますよ。



こってり黄金比率でつくる きんめだいの煮つけ



ふっくらと煮えた魚の身を、香ばしいねぎとともに、こってり味の煮汁にたっぷりからませて。もうご飯が止まりません! 魚は、きんき、かれいなどもおすすめです。




\r\n■これがあっさり黄金比率\r\n
?

水4:酒4:みりん1:うす口しょうゆ1



ご飯に合うだけでなく、酒の肴(さかな)にもなるのが、あっさり味の煮物。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)