花壇で春まで楽しむパンジーとビオラ

花壇で春まで楽しむパンジーとビオラ

撮影: 天野麻里絵

花壇で春まで楽しむパンジーとビオラ

撮影:桜野良充

長期間にわたって花を咲かせるパンジー、ビオラを主役に、11月から4月ごろまで楽しめる花壇の寄せ植えを、ガーデナーの天野麻里絵(あまの・まりえ)さんにつくっていただきました。




* * *



\r\n■プランの柱は「見せ方」と「補植」\r\n


花壇のようにある程度広いスペースを、秋から春までの長期間楽しむためには、見た印象が変わる工夫が大切。パッと目がいく手前や中心の一部を季節の花に植え替えるだけでも、雰囲気はガラリと変わります。春に見どころが増すように、球根も仕込んでおきましょう。



色の変化も季節感を感じさせるポイントです。今回は、冬の間はクリーム色〜アプリコット色の花で温かみのある雰囲気に、初夏に向けてピンクや青の花が咲いてさわやかなイメージへと変わるように組み合わせました。



花壇の植物は、すべて一年草にすると管理が大変なので、常緑性低木を加えるのがおすすめです。左右の奥に入れると高さが出てメリハリがつくうえ、手前の花も引き立ちます。



そして、冬の間中パンジー、ビオラを楽しむには、本格的な寒さが始まる前に、タイミングを逃さず植えつけて、株の体力をつけておくことが大切です。


\r\n■11月中旬:姿が違うものをバランスよく配置\r\n


花壇の内寸155×83cm。主役のパンジー、ストックを中心に、ビオラ、ハナカンザシをまとめ役、ハボタン、シロタエギク、ベロニカをカラーリーフ、シレネをグラウンドカバーとして使用。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)