木村一基八段に聞く 入玉のコツ

木村一基八段に聞く 入玉のコツ

写真/河井邦彦

10月号に登場した稲葉陽(いなば・あきら)八段が、木村一基(きむら・かずき)八段に、ずばり「入玉のコツ」を聞きました。




* * *



\r\n■Q/入玉が得意なイメージがありますが、コツを教えていただけますでしょうか?\r\n


A/コツはあなたのほうがよく知っているでしょう、と言いたいですけどね(笑)。と金を大事にすることを心がけています。基本は攻め駒を責めるときに成り駒を作ることです。玉頭に成り駒が多いと捕まりにくくなり、入玉がしやすくなります。最後は1点を巡る攻防になることも多く、派手に駒を捨てて寄せを目指す棋風の人には向いていません。確かに私は駒を大事にしすぎるあまり、入玉できるかどうかの戦いになることが多いでしょうか。諦めないことが大事です。


\r\n■Q/木村先生の解説が面白いです。解説の中で意識していることはありますか?\r\n


A/以前は人前で話をするのが苦手でした。若手時代にNHK将棋講座の講師を務めさせていただきましたが、当初は大変でした。ようやく慣れてきたと思ったら任期が終わってしまって(笑)。それをきっかけに少しずつ話ができるようになった気がします。時には失言もあるかと思います。あとで「しゃべりすぎたな」と反省することも少なくはないです。



ファンの方の棋力もばらばらですから、技術面以外の話を多くするように心がけています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)