目指せ井山棋聖! ハイレベルな戦いにプロも驚いた少年少女囲碁大会

目指せ井山棋聖! ハイレベルな戦いにプロも驚いた少年少女囲碁大会

撮影・小松士郎

8月2日、3日の2日間にわたり、第37回文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会 全国大会が行われた。都道府県大会を勝ち抜いてきた小学生101名、中学生101名による、頂点を目指したハイレベルな戦いの結果は…。




* * *



\r\n■目指せ井山棋聖!\r\n


井山裕太棋聖、山下敬吾九段など、日本を代表する棋士たちの飛躍のきっかけとなってきた「少年少女囲碁大会」。今年の新人王戦の決勝を戦った谷口徹二段は9年前、大西竜平二段は5年前、いずれも小学生の部で優勝している。



テレビ解説を務めた一力遼七段も11年前、小学校2年のときに宮城県代表で一度だけ出場したが、初日の予選リーグで敗退したというほど、勝つのが難しい大会でもある。



去年のこの大会で活躍し、優勝候補と目された選手たちが都道府県大会で敗退していることからも分かるように、レベルはますます高くなっているようだ。


\r\n■秒読みとの戦い\r\n


2日目の決勝トーナメントは、時間との戦いでもある。30分の持ち時間を使い切ると一手10秒の秒読みに入るが、選手たちは何とかよい手をひねり出そうと必死に考え込み、秒に追われることになる。10秒碁には皆慣れている様子だが、さすがに焦りが出るのか、ミスで勝負を落とした碁も多く見られた。



小学生の部で決勝に進んだのは、板橋区立板橋第一小学校6年の徐文燕さんと、荒川区立第二瑞光小学校6年の三浦太郎君。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)