藤沢里奈三段、山下敬吾九段にどこまで食らいつけるか

藤沢里奈三段、山下敬吾九段にどこまで食らいつけるか

左/山下敬吾九段、左/藤沢里菜三段 撮影:小松士郎

藤沢里奈三段、山下敬吾九段にどこまで食らいつけるか

藤沢里奈三段、山下敬吾九段にどこまで食らいつけるかの画像

第64回NHK杯2回戦 第3局(2016年8月21日放送)は、山下敬吾(やました・けいご)九段(黒)が、藤沢里菜(ふじさわ・りな)三段(白)を迎え撃った。内藤由起子さんの観戦記から、序盤の展開をお伝えする。




* * *




楽しみな一戦だ。トップ棋士山下敬吾九段に、1回戦で王銘?九段を破った藤沢里菜三段がどこまで食らいつけるか注目だ。



対局前の控え室は和やかな雰囲気だった。山下が「NHKの中をうろうろしていると、有名人に会ったりするの?」と記録係の小山空也三段ににこやかに話しかけたのをきっかけに、テレビ談議に。



7月から民放で放送されている囲碁を題材としたテレビドラマに、若手棋士が多数エキストラとして出演している。特に小山は主演俳優との対局シーンがあった。その場面で藤沢も少しだけ登場したようで、「囲碁界のスターが…」と盛り上がっていた。



解説の小林覚九段は、「この碁の解説ができるのはうれしいです。両者ともに力強い棋風。山下君でも、そんなに簡単にはいかないでしょう。どちらかがツブれる乱戦になるのでは」との予想に反し、じっくり落ち着いた立ち上がりとなった。


\r\n■つらいグズミ\r\n


両者は、公式戦初手合だが、研究会では何回か打ったことがあるという。?

黒7のハサミに白が8とワリ打ち、黒11のハサミにも白12から16と、おとなしく応じる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)