食事をつくることも修行である

若き日の道元は、「人間にはもともと仏性がそなわっているのに、わたしたちはなぜ修行をするのか」という問いを胸に抱き、仏法を学ぶために宋へ渡りました。宋の禅宗寺院において彼が体験し感激したことは、禅仏教というものが「生活禅」だということの発見です。僧堂で坐ることだけでなく、日常生活のすべてが修行だということへの気づきです。これについての道元の体験の一つが、『典座教訓(きょうくん)』に記されています。仏教思想家のひろさちやさんと共に読み解いてみましょう。




* * *




道元が日本から宋にやって来て、慶元(けいげん)府(寧波〈ニンポー〉)の港に着いたばかりのころです。一人の老僧が日本産の桑の実(一説では椎茸)を買い求めて船にやって来ました。この老僧は典座といって、禅寺で台所をあずかる僧です。道元にとっては中国に来てはじめての仏教僧との出会いですから、彼はやや興奮気味。老僧にお茶を差し上げ、いろいろと質問をしました。



老僧の答えるところによると、彼は六十一歳。各地の道場で修行をし、先年、阿育王寺(あいくおうじ)に入り、昨年、そこの典座職に任命されました。明日、特別な説法があるので、修行僧たちにおいしいものを食べさせたいと、日本産の桑の実(あるいは椎茸)を買いに来ました。



道元は僧ともっと話がしたいと思い、「今晩はご供養しますからどうぞここに泊まってください」と言います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)