村山聖九段、在りし日のNHK杯

村山聖九段、在りし日のNHK杯

村山聖九段、在りし日のNHK杯の画像

村山聖九段、在りし日のNHK杯

村山聖九段、在りし日のNHK杯の画像

NHK杯の名勝負を、当時のテキストの誌面で振り返る「リバイバル NHK杯 伝説の名勝負」。12月号では、1992年に行われた第42回NHK杯 2回戦 第12局、内藤國雄(ないとう・くにお)九段 対 村山聖(むらやま・さとし)六段の戦いをお送りします。観戦記の執筆は、観戦記者の故・池崎和記さんです。(『NHK杯将棋講座』平成5年1月号より)




* * *




僕が村山六段と初めて会ったのは、彼が関西奨励会に入る前だった。奨励会入会は昭和58年12月だから、もう10年ほども前になる。



当時、僕はサラリーマンで、日曜日になると、よく関西将棋会館の道場に行っていた。四段の認定証をもらっていた。



ある日、僕の前に顔の丸い、色白の少年が座った。手合いカードを見ると「五段」とある。それが村山さんだった。中学1年か2年だったと思う。僕はボロボロに負かされた。



局後、少年は「仕掛けが無理だったんじゃないですか」と言い、素早くその局面に戻した。そして僕が読んでいない手順を示して、「こうやればまだ難しかったでしょう」



感想戦の手際の良さと、大人びた口ぶりに驚かされたが、指摘はまったくそのとおりなのでオジサンはウンウンとうなずくよりない。



後年、村山さんの師匠、森信雄六段にこの話をしたら、森さんは笑ってこう言った。



「村山君が弟子入りしてきたとき、早指しの将棋を指したんですよ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)