可憐なつぼみで冬を彩るスキミア

可憐なつぼみで冬を彩るスキミア

スキミアの花。撮影:田中雅也

房状についた赤から白、緑色などの丸い蕾がかわいらしいスキミア。花の少ない冬の間も彩りを与えてくれるので、女性を中心に人気が高まっています。そんなスキミアの基本の育て方と魅力を、園芸家の伊藤章太郎(いとう・しょうたろう)さんに教えていただきました。




* * *



\r\n■スキミアとは?\r\n


一般的にスキミアと呼ばれる植物は、学名のスキミア・ヤポニカ(Skimmia japonica )とあるとおり、関東地方以南の暖地を中心に日本に自生しているミヤマシキミ(深山樒)です。ミカン科の常緑低木で、光沢のあるやや肉厚の葉をもち、日陰から半日陰を好みます。雌雄異株で、雄株と雌株があります。



2010年代に入ってから、かわいらしい蕾をもつ苗や鉢物として秋から冬にかけてしばしば見かけるようになりましたが、じつはそれらの多くはミヤマシキミが欧州に渡って品種改良され、日本に“戻ってきた”園芸品種です。


\r\n■原産地の日本より欧州でよく知られている\r\n


ミヤマシキミは、センリョウやマンリョウと同じように赤い果実をつけるため縁起物として扱われていたためか、庭園やお寺の境内などで植栽されてきました。しかし、日本では一般の認知度はあまり高くありません。



一方、欧州では古くは18世紀に、ドイツ人医師であり植物学者でもあったシーボルトと、同じくドイツ人植物学者・ツッカリーニが日本の樹木を取りまとめ記した『フローラ・ヤポニカ(日本植物誌)』にミヤマシキミが取り上げられています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)