レヴィ=ストロースの『野生の思考』は二十一世紀にこそ読むべき書物

1960年代、西欧中心主義への自己批判が進む時代にあったヨーロッパにおいて、もっともラジカルな存在として登場したのが、フランスの人類学者クロード・レヴィ=ストロースでした。1962年に出版された著書『野生の思考』について、明治大学野生の科学研究所所長の中沢新一(なかざわ・しんいち)さんは、「二十世紀後半にあらわれた思想的書物の中の最も重要な本の一つ」と捉えています。




* * *




ふつう思想の本というのは哲学者などによって書かれることが多いのですが、『野生の思考』は南アメリカの先住民文化を研究する一人の民族学者によって書かれた本です。そういう本が現代思想の方向を変えてしまったのです。そして、その変わっていった先に、いまの世界があるとすらいえます。



私たちはいま、コンピュータを身近に持つようになりましたが、この本が刊行された当時はまだ電子計算機と呼ばれて大学や研究所で開発の真っ最中にあった機械で、このコンピュータがいずれは世界を変えるだろうという予感が持たれ始めていました。『野生の思考』は、いわゆる「未開人」と呼ばれた人々の思考について書かれた本でありながら、まさにいま私たちが生きている時代についての本でもあります。コンピュータとそのネットワークがつくりだそうとしている世界の本質を、いちばん深いところでとらえようとしている本でもあります。なぜならその本は人類の思考能力を、根本で考えなおそうとしているからです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)