趙治勲名誉名人が作家・江崎誠致先生に窮地を救ってもらったお話

趙治勲名誉名人が作家・江崎誠致先生に窮地を救ってもらったお話

イラスト・石井里果

『NHK 囲碁講座』の連載『趙治勲名誉名人のちょっといい碁の話』。11月号では従軍経験に基づく小説『ルソンの谷間』などで知られる作家、江崎誠致(えさき・まさのり)さんとの交流を綴ります。




* * *




江崎誠致さんをご存じですか。『ルソンの谷間』で直木賞を受賞された、日本を代表する作家の一人です。囲碁ファンには本因坊戦の観戦記を執筆されていたと言ったほうが通りはいいかな。今回は作家と棋士の面白い関係をお話しします。



江崎先生はぼくより30以上年上でした。一般社会なら、あまり知り合うこともない年齢差です。縁を結び付けてくれたのはやっぱり囲碁。著書には囲碁にまつわるものも多く、呉清源先生や坂田栄男先生に関するものもあります。棋力は相当なもので、文壇本因坊戦、文壇名人戦では毎回のように活躍されていたとか。1991年には囲碁の普及発展に寄与したとして、日本棋院から大倉喜七郎賞を贈られています。



江崎先生は戦争経験者です。「敵と戦うのはどうってことなかった。でも、上官に殴られるのがとても嫌だった」とよくおっしゃっていました。戦地で突撃の号令に少しでもためらうと、後ろから上官にどやされる。そういうのが耐えられなかったと。もうずいぶん前の話なので、ぼくの受け取り方にはもしかしたら先生の意に沿わないものがあるかもしれませんが。とにかく江崎先生のことを思い出すと、まずこのフレーズが頭の中に浮かんできます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)