レヴィ=ストロースとヤコブソンの出会い

フランスの人類学者クロード・レヴィ=ストロースはユダヤ人だったことから、1940年に親ナチのヴィシー政権が発足した後、アメリカに亡命します。亡命先のニューヨークでは、後に彼が「宝物」と表現したロシア人言語学者ローマン・ヤコブソンとの出会いが待っていました。明治大学野生の科学研究所所長の中沢新一(なかざわ・しんいち)さんが、二人の交流について解説します。




* * *




亡命先のニューヨークでレヴィ=ストロースが出会った最重要人物が、ロシア人言語学者ローマン・ヤコブソンです。チェコスロバキアのプラハに戦争がはじまる前、ロシア、東欧など各国から優秀な言語学者たちが集まり、新しい構造言語学派を形成していました。これは、言語学者ボードワン・ド・クルトネを中心として、スイスの言語学者ソシュールの影響を受けながら、言語学の革命的な刷新をおこなおうとしたグループです。そのプラハ構造言語学派の有力メンバーの一人がヤコブソンでした。



ヤコブソンは言語学者であると同時に民話学者であり、現代詩のすぐれた研究家でもありました。1920年代にプラハに移る以前は、モスクワに言語研究会をつくっていて、仲間にはマヤコフスキーをはじめとする当時のロシア・アヴァンギャルドのそうそうたる詩人たちや、エイヘンバウムやシクロフスキーといったロシア・フォルマリズムの理論家たちもいました。その中でも、ヤコブソンの豊かな才能はとびぬけていたと言います。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)