レヴィ=ストロースが「自然」と「文化」を着想したきっかけ

亡命先のニューヨークでロシア人言語学者のローマン・ヤコブソンと運命の出会いを果たした、フランスの人類学者クロード・レヴィ=ストロース。ヤコブソンの構造言語学は、レヴィ=ストロースの思想に多大なる影響を与えました。明治大学野生の科学研究所所長の中沢新一(なかざわ・しんいち)さんが解説します。




* * *




構造言語学についてのヤコブソンの考え方は普通の言語学者とはちょっと違っていて、きわめてユニークなところをもっています。ヤコブソンは、言語学に情報理論を大胆に取り入れていました。言語をはじめあらゆるコミュニケーションには発信者と受信者がいて、共通の「コード」(符号)を使って「メッセージ」を伝達する。それがコミュニケーションの基本であるというところが土台となります。



この「コミュニケーション」という概念は言語に限られるものではなく、もっと広大な領域を包み込んでいるという点で二人の意見は一致します。この考えは、数学者のノーバート・ウィーナーやクロード・シャノンが考えていたこととも近いのですが、植物や動物をふくめ、宇宙の進化・変容そのものもコミュニケーションとして考えられるのではないか。物理学でいう「量子」の過程まで一種のコミュニケーションとして理解することが可能なはずで、人間の言語はそうしたコミュニケーション全体系の中に出現した一つの位相にほかならない。こういう理解をヤコブソンは持っていたようです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)