レヴィ=ストロースの「火あぶりにされたサンタクロース」

フランスの人類学者レヴィ=ストロースは、1952年に、サルトルからの執筆依頼を受けて、雑誌『レ・タン・モデルヌ(現代)』にユニークなクリスマス論を発表しています。まだサルトルとの仲が良好であった時期のことです。前の年のクリスマスに、ディジョンという街で原理主義的な聖職者や信者たちによって、子供たちの目の前でサンタクロース像に断罪を下して火刑に処すという、ショッキングな事件がありました。この事件を受けて、厳格なレヴィ=ストロースにはめずらしいジャーナリスティックな筆使いで、この論文は書かれましたが、そこには非西欧世界の異教の祭とキリスト教のヨーロッパでのクリスマス祭との関係について、きわめてユニークな分析がくりひろげられています。明治大学野生の科学研究所所長の中沢新一(なかざわ・しんいち)さんが読み解きます。




* * *




ヨーロッパのクリスマス祭が、古代ローマやケルトの異教の祭がベースになっていることは、よく知られています。太陽の力が一年のうちでもっとも弱くなる冬至をはさんだ季節は、世界中の「異教の民」にとって危険をはらんだ重大な時期でした。この時期、昼間の時間が極端に短く、夜の時間が極端に長くなります。



昼と夜のバランスが大きく崩れるこの季節には、生者と死者の力関係のバランスも崩れて、死者たちが生者の世界に侵入してきます。そのため、冬至祭には、死者に扮した仮面の神々が我が物顔で歩き回るようになります。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)