ロメインレタスのような新種のハクサイ「タイニーシュシュ」

ロメインレタスのような新種のハクサイ「タイニーシュシュ」

約10年の開発期間を経て、2010年冬に発表・発売された。ロメインレタスのような形と、生食できるみずみずしさと食感のよさが魅力。耐暑性に優れ、タネまき適期は4〜9月と長い。べと病や軟腐(なんぷ)病に強く、高温期でも旺盛に育つ。写真提供/サカタのタネ

長い年月をかけて生み出される野菜の品種。そんな品種の生みの親である野菜のブリーダーに、イチオシの品種と、プロならではのおいしい育て方を教えてもらいます。12月号で取り上げるのはミニハクサイ「ゆめいろハクサイ タイニーシュシュ」(サカタのタネ)です。




* * *



\r\n■この品種名は、何語ですか\r\n


英語とフランス語を組み合わせた造語です。タイニーは英語で「小さい」、シュシュはフランス語の子ども言葉で「お気に入り」という意味です。フランス語で、ハクサイを「シュー・シノワ(中国キャベツ)」と呼ぶことにもかけています。ただ、それだけでは何の野菜なのかわからないので、これまでにない新しいハクサイという意味を込めて「ゆめいろハクサイ」という言葉をつけ加え、品種名にしました。


\r\n■どのような点が新しいのですか\r\n


1つ目は、春まき初夏どりできる耐暑性です。ハクサイは一般的に冷涼な気候を好み、暑いとうまく育ちません。秋冬野菜の代表的存在で、漬物や鍋料理に利用するイメージが強いと思いますが、「タイニーシュシュ」は4月にタネをまいて、5〜6月に収穫できます。



2つ目は、食感と幅広い食べ方ができる点です。一般的なハクサイの葉の裏には「毛(もう)じ」と呼ばれる毛が生えていますが、「タイニーシュシュ」にはこれがありません。そのため食感がよくてみずみずしく、ロメインレタス(コスレタス)と同じように、サラダやサンドイッチなどにして生で食べるのもおすすめです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)