草とともに育てる極上野菜──「緑肥」のメリット

草とともに育てる極上野菜──「緑肥」のメリット

通路にタネをまいて育てたエンバクやクリムゾンクローバーなどの緑肥をノコギリガマで刈る竹内さん。刈った緑肥は野菜を育てている畝(うね)の上に敷いて、草(くさ)マルチとして使用する。撮影/岡部留美

緑肥作物をご存じですか? 広大な畑で活用され、大きく育ったら、そのまますき込んで堆肥(たいひ)のように使うことから「緑肥」と呼ばれます。自然菜園ではすき込まず、適宜刈りながら手入れします。



緑肥はほかの草が生えてくるのを抑えつつ、益虫をふやしたり、土を豊かにしたりと大活躍。自然菜園コンサルタントの竹内孝功(たけうち・あつのり)さんが、緑肥を使った土作り、畑の豊かな環境作りをご紹介します。






* * *



\r\n■草代わりに緑肥作物を使う\r\n


自然菜園では、自然に生えてくる草をうまく使いながら野菜を育てます。しかし、市民農園などでは、草取りが義務づけられている場合もあります。また、栽培を始めたばかりの菜園ではまだ土が十分に肥沃(ひよく)ではなく、草があまり生えないこともあります。そこで、畝の間の通路や畑の周囲で生育旺盛な緑肥作物(以下、緑肥)を育てます。


\r\n■緑肥の草マルチで土作り\r\n


緑肥の本来の用途は土作りです。広大な畑などでは、外から堆肥を持ち込む代わりに、その場で緑肥を育て、生のまますき込んでいます。



自然菜園では基本的に畑を耕さないので、緑肥は刈って畝に敷き、草マルチとして利用します。緑肥は草よりも生育旺盛なので、大量の草マルチの材料になります。草マルチは土を保湿し、温度の急激な変化を防ぎ、野菜の根の成長を助けます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)