石倉昇九段の教え方──32年目の囲碁教室

石倉昇九段の教え方──32年目の囲碁教室

撮影・小松士郎

32年前に渋谷でスタートした石倉昇九段の囲碁教室は、5年ほど前に自由が丘に場所を移し、さらに活況を呈している。2005年に東京大学で始まった囲碁授業の講師としてだけでなく、全国各所での活動が注目される石倉九段。教室の様子をのぞくと、その人気の秘密が明らかに…!




* * *



\r\n■すごく楽しい!\r\n


囲碁教室は数多くあるが、人気の高さでは石倉昇九段の教室が頭ひとつ抜けていると言えよう。32年前に渋谷で15人からスタートした教室は5年ほど前に「東急セミナーBE 自由が丘」に移り、現在は200人程度の会員がいるそうだ。半数は女性で、レベルによって4つのクラスに分かれ、20代から90代まで幅広い層の会員の方が毎週通っている。



渋谷時代から20年以上通い続けているという方も多く、入会した理由もさまざまだが、皆さん口をそろえるのが、「すごく楽しい!」という一言だ。その人気の理由は、すぐに分かることになる。


\r\n■人気の秘密は「繰り返し」\r\n


この日のクラスは、前半の1時間が石倉九段による講義、後半の1時間が会員同士による対局というスケジュール。教室をのぞいてみると、開始30分前から座席の7割が埋まり、碁盤に石を並べながら談笑したり、熱心に囲碁の本を読んだりと、講義を待ち切れない様子だ。



そして石倉九段が登場すると、70人を超える受講者が少しも目をそらすことなく講義に聞き入る。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)