井伊直虎を立ち上がらせたお家の危機

井伊直虎を立ち上がらせたお家の危機

井伊直虎を立ち上がらせたお家の危機の画像

2017年のNHK大河ドラマでは、動乱の時代に女城主としてお家を守り抜いた井伊直虎(いい・なおとら)の一生が描かれます。直虎が歴史の表舞台に登場するに至った背景を、東京大学史料編纂所教授の本郷和人 (ほんごう・かずと)さんに解説していただきました。




* * *

\r\n■\r\n
\r\n■室町時代の遠江は関東圏と関西圏のはざまに\r\n


井伊氏は『寛政重修諸家譜(かんせいちょうしゅうしょかふ)』によると「藤原氏良門(よしかど)流」とあり、藤原北家(ふじわらほっけ)良門の息子に始まるとされる。そしてその五代の孫・共資(ともすけ)が遠江に移り、その子・共保(ともやす)が井伊谷で井伊氏を称したとされます。しかし、これらは伝説の域を出るものではありません。ただ、井伊氏が井伊谷を基盤とする新興勢力として成長し、南北朝時代には後醍醐(ごだいご)天皇の皇子・宗良親王(むねよししんのう)を保護するなどして、南朝方として戦ったことは史実です。



それよりも重要なのは、当時の遠江や駿河(するが)の地理的情勢を知ることではないでしょうか。現在はどちらも静岡県ですが、当時は別の国です。駿河より東は関東であり、駿河の守護である今川氏は京に上る必要のない、関東公方(かんとうくぼう)の目付役(めつけやく)だったのです。なぜなら関東地方の領主たちを束ねる関東公方は、京の幕府にとっても怖い存在でしたので、今川氏を使って常に監視していたわけですね。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)