忘れたくても忘れられない──工藤紀夫九段の「悪夢の一手」

忘れたくても忘れられない──工藤紀夫九段の「悪夢の一手」

撮影:小松士郎

忘れたくても忘れられない──工藤紀夫九段の「悪夢の一手」

忘れたくても忘れられない──工藤紀夫九段の「悪夢の一手」の画像

棋士の間で人望の厚い工藤紀夫(くどう・のりお)九段。37歳で王座、57歳で天元を獲得という心引かれる戦績の中、ご本人は「いい手は思い出せなくて」とのこと。今シリーズ初めて、敗着の「一手」を語っていただくことになりました。




* * *



\r\n■生涯でいちばん好成績の年に\r\n


私は、「会心の一局」というものは思い当たらず、つらい負け方をした、思い出したくない対局ばかり思い出すのですね。今回は、その中のナンバーワンを選びました(笑)。最近ようやく忘れたのですが、また思い出させていただきまして。



39年前のNHK杯で、お相手は杉内雅男先生でした。杉内先生は、私の院生時代の師範です。院生当時は私も子どもでしたから「怖い先生だな」という印象が強いですが、謹厳実直と言いますか、近寄りがたい存在でしたね。先生には「碁の神様」というニックネームがありますけれど、若いころから神様という感じでした。私とはちょうど20歳離れていまして、この対局から約40年たっているわけですが、今も現役で打ち続けられておられます。棋士のかがみのような先生ですね。



この対局が打たれた1977年というのは、私の生涯でいちばん成績がよかった年なんですよ。初めてのタイトルの王座を取りまして、名人戦と本因坊戦の両リーグにも入りましたし、勝率も8割だったと思います。



ところが、その生涯最高の年に悪夢の一局があったということですね。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)