ハクサイのラクラク保存術

ハクサイのラクラク保存術

冷凍する場合、下ゆでは不要。料理に合わせて切り、冷凍するだけでOKです。撮影:渡辺七奈

ハクサイのラクラク保存術

ハクサイのラクラク保存術の画像

畑から持ち帰ったハクサイを一度に使い切れなかったときはどうしていますか? 鮮度を保って長く保存でき、あとの調理もラクになる保存法を、料理研究家の島本美由紀(しまもと・みゆき)さんに教えてもらいました。




* * *




切らずにまるごとの状態なら、常温で2〜3週間もつハクサイ。いったん切ったら、冷蔵あるいは冷凍で保存。冷凍ハクサイは、煮るとすぐにしんなりして、鍋物ならふだんの2倍は食べられるかも!?



冷凍【 保存期間:約1か月 】



みそ汁、炒め物、鍋物など多用途に使える大きめのザク切りがおすすめ。1回で使いきるくらいの量でファスナーつきの冷凍用保存袋に入れて、冷凍室で保存。Mサイズの袋に1/8コ分ほど入り、2〜3人分のみそ汁にちょうどよい。自然解凍したものをゆでずに水けを絞り、おひたしとして食べても。?

冷蔵【 保存期間:8〜10日間 】



いったん切ったら冷蔵が必要。切ったあとも、芯があると成長が続き、中心の葉が盛り上がってくるので、芯は切り落とす。湿らせたペーパータオルで切り口を覆い、さらにラップで全体を包んで、冷蔵庫の野菜室で保存する。





■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年1月号より

1

関連記事(外部サイト)