許嫁との別れと幼き日の出家──井伊直虎の心情に迫る

戦国時代の井伊家は、当時仕えていた今川家による男子の処刑、そして讒言や裏切りが相次ぎ、お家存続の危機に立たされます。そんな窮地を救ったのが、2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公、井伊直虎でした。激動の時代に身を置いた直虎の心情を、東京大学史料編纂所教授の本郷和人 (ほんごう・かずと)さんが読み解きます。




* * *



\r\n■命を狙われた許婚は行方不明に。なぜ直虎は出家の道を選んだか?\r\n


通説によると、直虎の父・直盛(なおもり)には男子がいなかったため、直盛の従兄弟(いとこ)である直親を養子に迎え、直虎と結婚させようとしていました。しかし1544(天文13)年、直親の父・直満(なおみつ)が、謀反(むほん)を企てたとして今川義元に処刑されてしまう。このとき直親も命を狙われ、信濃へ逃亡して行方不明となり、同じころに直虎は出家したとされます。直虎の生年は不明ですが、当時おそらく8〜10歳くらいでしょうか。12歳以上であれば直親と結婚していたはずですし、3、4歳の幼児が自らの意志で出家するとは思えません。このあたりは想像でしかないのですが、龍潭寺の住職であり、井伊家一門でもあった南渓瑞聞(なんけいずいもん)の影響が大きいでしょうね。



出家の理由はいくつか考えられますが、俗世から離れたいという心理が大きく働いたのではないでしょうか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)