三浦しをんさん、短歌に挑戦中

三浦しをんさん、短歌に挑戦中

左/穂村弘さん、右/三浦しをんさん 撮影:成清徹也

歌人・穂村弘さんがゲストを迎えて対談する『NHK短歌』の連載「穂村 弘、対して談じる。」。今回のゲストは、直木賞受賞作の『まほろ駅前多田便利軒』をはじめ、本屋大賞を受賞した『舟を編む』など、数々のヒット作を世に送り出している作家の三浦しをんさん。三浦さんは最近、短歌や俳句にも挑戦しているといいます。




* * *



\r\n■世界を単純化する「物語」\r\n


穂村 小説家は、物語やキャラクターを上手に面白く作る人と、言葉がすごく切れる人の二パターンに分かれるように思うのですが、三浦さんは両方イケるからすごいですね。



三浦 とんでもないです。デビューしたての数年は、まだ感性がきらめいていたのか、今よりは若干、詩的な表現もできていた気がするのですが、だんだん感性が鈍磨してきて、最近は言葉のキレがめっきり……。そうなると、思考が「物語」やその構造に向かいがちになってしまうんです。



穂村 小説家が年を取ると長大な時代ものを書きはじめたりするのは、そのあたりに理由があるのかな。



三浦 おそらく物語には、世界を単純化してしまう作用もあるんです。そして、それは表層を掬(すく)うことと紙一重で、「まとめ」的なベクトルなんですよね。そうすると短歌のように、短い言葉で多面的に何かを浮き彫りにしていくような、言葉を研磨するような方向に頭が働かなくなってしまう。うまくバランスを取りたいなという思いがあり、数年前から短歌や俳句に挑戦しはじめました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)