おなかの冷えは肌トラブルを引き起こす

おなかの冷えは肌トラブルを引き起こす

コラーゲンが豊富な手羽先と、体を潤す作用のある白きくらげの組み合わせが、ダブルで肌を潤してくれる「手羽先と白きくらげ、はと麦の潤いスープ」。はと麦は、肌荒れや吹き出物などのお悩み解消にも。つくり方はテキストをご覧下さい。撮影:鈴木雅也

シミ、シワ、たるみ、くすみ……。「肌トラブルや老化に悩んでいる人は、漢方医学の「血」と「水」の働きが悪い可能性があります」と指摘するのは、医師・医学博士の木村容子(きむら・ようこ)さん。これらの働きを補ったり、巡りをよくすることで、結果的に肌がきれいになるのだとか。化粧品やエステにお金をかけるよりも、体を根本から見直すことが大切です。




* * *



\r\n■皮膚は内臓の鏡 体内の調子が皮膚に現れる\r\n


「皮膚は内臓の鏡」という言葉がありますが、漢方医学では、肌の状態は体内の状態を現していると考えます。漢方医学で体の状態を把握する方法の一つである「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」のうち、肌トラブルは、特に「血」と「水」の状態と関係します。



「血」が不足している「血虚(けっきょ)」や、「血」の巡りが悪い「?(お)血」があると、栄養が皮膚まで届きにくくなるため、肌の乾燥をはじめ、肌荒れやクマ、シミなどの原因になります。また、水分代謝にも関わる「水」の巡りの悪い「水毒(すいどく)」では、むくみやたるみが出たりします。



さらに、五臓(ごぞう)の「脾(ひ/胃腸)」は「肌肉」と関係があると考えるため、胃腸の状態は皮膚に反映されます。冷えは胃腸の働きを悪くするため、おなかの冷えは肌トラブルを引き起こします。



「脾」のトラブルは口元に現れがちです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)