豊臣家滅亡の瞬間、北政所は何を思っていたか

天下人・豊臣秀吉(とよとみ・ひでよし)の正室、北政所(きたのまんどころ)。当時としては珍しい恋愛結婚で、母親の反対を押し切って結婚したといわれています。不在がちな秀吉に代わって領地の経営を取り仕切り、秀吉が関白の座に就いてからは朝廷とのやり取りや全国の大名の人質の管理までを一手に引き受けていました。秀吉の死後から大坂夏の陣で豊臣家が滅亡するまでの間、北政所の心境はどのようなものだったのでしょうか。東京大学史料編纂所教授の本郷和人(ほんごう・かずと)さんが推察します。




* * *



\r\n■正室・北政所を立てぬ淀殿 北政所は秀頼の養育権を放棄した?\r\n


最近では北政所と淀殿は仲がよかったという説も出ていますが、果たしてどうでしょうか? 少なくとも秀吉生存中は、表面上仲よくしていたと思います。秀吉は北政所に気を遣い、正室としての面目が立つようにしていました。しかし、秀吉という緩衝役がいなくなると、北政所は大坂城を退去します。つまり自らの意志で豊臣家から出たわけですよね? 淀殿との仲が悪かったとはいいませんが、よくはなかったと思います。



このあたりは、逆に世の女性たちに問いたい。戦国時代の武家のならいとして、正室は側室が産んだ子でも表向きは自分の子として育てなければならなかった。ただし、これはあくまで表向きです。自分が産んだ子どもでもないのに育てなければならず、産みの親の側室はどんどん態度が大きくなる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)