将棋と着物が織りなす艶やかな和の競演──第10回記念白瀧あゆみ杯レポ

将棋と着物が織りなす艶やかな和の競演──第10回記念白瀧あゆみ杯レポ

右から渡辺明竜王(解説)、西山朋佳奨励会三段、相川春香女流初段、白瀧あゆみさん。写真:内田晶

将棋と着物が織りなす艶やかな和の競演──第10回記念白瀧あゆみ杯レポ

対局開始時の様子。静寂な対局室に初手の駒音が響く

第10回記念白瀧あゆみ杯争奪最強者決定戦の決勝が2016年9月25日に行われ、相川春香女流初段が西山朋佳奨励会三段を破って初優勝を飾った。相川が四間飛車から緩急自在の指し回しを見せて、西山の左美濃を破った好局だった。




* * *




若手女流棋士や女性奨励会員の登竜門として知られる本棋戦。10回を迎えた節目の今期は最強者決定戦と銘打って、実績のある女流棋士もトーナメント表に名を連ねた。



強豪ぞろいの戦いを勝ち抜き決勝の舞台に登場したのは、相川春香女流初段と西山朋佳奨励会三段。西山はタイトル挑戦も経験があり、初参加の奨励会三段リーグでも10勝の好成績を挙げた。一方の相川は2012年度の第6回大会で準優勝したものの、実績面では大きく水をあけられていた。しかし、本局では相川が緩急自在の指し回しで終始、局面をリード。現役奨励会三段を苦しめた。



1図から▲6六飛が先手を優勢に導く好手だった。相手の角筋に入るため指しにくい手だが、すでに後手が困っている。





▲6六飛に対して△5五金は、▲同角△6六飛▲同角△同角に▲6一飛が角取りと▲2一金の両狙いで厳しい。本譜は▲6六飛に△6五歩だったが、▲5六飛△6四飛▲同銀△同金に▲4一銀と進み、先手が優勢になった。解説を務めた渡辺明竜王は「▲6六飛がアクロバティックな妙着でしたね」と感心する。西山も「見えていませんでした」と相手の好手に脱帽していた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)