女流棋士受難のシリーズ? タイトルホルダー同士の戦い

女流棋士受難のシリーズ? タイトルホルダー同士の戦い

左/謝 依旻女流名人、右/張 栩NHK杯 撮影:小松士郎

女流棋士受難のシリーズ? タイトルホルダー同士の戦い

女流棋士受難のシリーズ? タイトルホルダー同士の戦いの画像

第64回NHK杯2回戦 第13局(2016年10月30日放送)は謝 依旻(しぇい・いみん)女流名人と張 栩(ちょう・う)NHK杯というタイトルホルダー同士の戦いとなった。松浦孝仁さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。




* * *




全く、腹が立ってしようがない。今回のNHK杯戦には女流棋士が4名出場し、1回戦では3名が男性棋士を打ち破った。これはもう珍しくも何ともない。そして2回戦。藤沢里菜三段は山下敬吾九段に、鈴木歩七段は余正麒七段にそれぞれ討ち取られた。そして本局だ。女流陣最後の砦(とりで)の謝依旻女流本因坊(対局時は女流本因坊のため、本文は女流本因坊で表記)の相手は張栩NHK杯(肩書は2016年10月20日現在)。



張と山下はともに一時代を築き、今でも打倒井山裕太棋聖を期待されているベテランだ。余は秋の王座戦で初の番碁出場を果たした21歳の昇り竜。よくもまあ、こんな難敵と組み合わせてくれたものだ!



しかし、藤沢も鈴木も謝もそんなふうに思っているようなら、そもそもNHK杯戦に名を連ねることはなかっただろう。それに、よくよく考えればNHK杯戦に出てくる棋士で楽に勝てる相手なんているはずもない。しかし、やっぱり謝には勝ち残ってほしいなあ。





張栩NHK杯はボルダリングに熱中しているそうな。岩などを何の道具も使わずに登っていくスポーツだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)