ハネは「年」、先手は「健康」? フランスの囲碁事情

ハネは「年」、先手は「健康」? フランスの囲碁事情

2015年の若者向け合宿にて。左上が野口基樹氏。(写真提供:野口基樹氏)

フランスで囲碁は「ゴ」とか「ジュドゥゴ」と言うが、「柔道」と間違えられることもあると言う。そんな言葉の違いから、フランス独特の囲碁ルールまで、2015年フランス囲碁チャンピオンの野口基樹氏がフランスの囲碁文化を紹介する。




* * *




フランスに住んで16年になりますが、文化の違いに驚かされることは今でもよくあります。今回は、囲碁の文化について日本との違いを見てみることにしましょう。
\r\n■\r\n
\r\n■フランスの囲碁用語\r\n


フランス語で囲碁のことは「go」、または「Jeu de go」(「ジュドゥゴ」:囲碁のゲームの意)と言い、単語として辞書にも出ています。こちらではクロスワードパズルが盛んなのですが、「go」は二文字のみで、また知っている人が少ないためなのか、よく出題されるのだとか。「クロスワードパズルで名前は知っていたけれど、これが本物なのか!」と妙に感心されたことがありました。



囲碁用語は基本的に日本の用語が使われています。ただし、中国起源の用語もいくつかあり、カケツギは「虎の口」、ハザマは「象の目(中国将棋の駒に由来するのだそうです)」という名前が使われています。しかし、当然ながら囲碁が文化として根づいていないため、語彙数は日本と比較にならない少なさです。単語では「ノビ」、「ハネ」といった基本的なところはあるけれど、「ナラビ」「ブツカリ」「ツケコシ」といった囲碁用語はありません。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)