郷田真隆王将が影響を受けた3人の棋士

郷田真隆王将が影響を受けた3人の棋士

写真:河井邦彦

郷田真隆王将が影響を受けた3人の棋士

郷田真隆王将が影響を受けた3人の棋士の画像

2015年、王将戦でタイトルホルダーに返り咲いた郷田真隆(ごうだ・まさたか)王将。翌年には念願のタイトル初防衛を果たした。修業時代に影響を受けた棋士は? それらの先輩について語った。



※記事は平成28年12月現在です。




* * *


?
\r\n■受け継がれる伝統の血脈 影響を受けた3人の先輩\r\n


世代によって影響を受ける棋士は違ってきますが、私は3人の先輩を意識してきました。



目標にしてきたのは谷川先生(浩司九段)です。私よりも少し上の世代で、21歳での名人位獲得は強烈なインパクトがありました。谷川先生の将棋は細くて強引な攻めを突き通してしまうような印象があります。プロ全体の技術が上がった現在、細い攻めを続けるのが巧みな棋士も出てきました。ですが、当時は珍しく、まさに疾風のごとく、といった表現がピッタリの将棋だと思います。



修業時代から棋士になったときにかけて、私が最も棋譜を並べたのは中原先生(誠十六世名人)の将棋です。中原先生の自然流の指し手を勉強するのがいいと感じました。手の数々が体に染みつくまで棋譜を並べたものです。



中原先生の名手で▲5七銀(1979年4月・第37期名人戦第4局) という手があります。あの局面は将棋の歴史上で最もすばらしいと感じます。対局相手が米長先生(邦雄永世棋聖)だったからこそあの手が実現したとしか思えません。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)