菜園シーズン突入前に……基本の土作り

菜園シーズン突入前に……基本の土作り

土を手にとってギュッと握り、指で押すとくずれる。よい土の証拠。撮影:丸山 滋

本格的な菜園シーズンの前にやっておきたい、基本の土作りを紹介します。野菜に悪影響を及ぼす病害虫を減らしたり、水はけを改善したりすることで、野菜の生育が格段によくなります。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。




* * *



\r\n■一から菜園にする場合\r\n


庭や空き地の土は硬く締まっていて、そのままでは野菜作りには適しません。野菜が育つ土に作り替えましょう。



雑草や小石などを取り除き、表面にコケが生えていたら削り取ります。そのあと、スコップやクワで深さ30cmのところまで掘り起こし、植物の根などをていねいに取り除きます。土の塊を砕いたら、後述のように水はけをチェックしましょう。



あとは通常どおり、タネまき・植えつけの前に石灰、堆肥(たいひ)、化成肥料をまくだけ。


\r\n■前作がわからない場合\r\n
\r\n■\r\n
貸し農園など、前に何を育てていたかわからない菜園でおすすめの土作りです。利用するのは石灰チッ素。センチュウ類や一年草の雑草のタネ、根こぶ病の病原菌などの駆除に効果があります。農薬としての効果を示したあとは成分が分解され、最終的には石灰分とチッ素分が残ります。



方法は簡単で、30g/平方メートルを区画全体に散布し、よく耕すだけ。春〜秋は2〜3週間、冬は1か月たってから栽培を始めましょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)