髪にハリ・コシがなくなるのはなぜ?

髪にハリ・コシがなくなるのはなぜ?

正しいシャンプー&ドライの方法、や頭皮ケアの仕方はテキストで詳しく紹介しています。イラスト:別府麻衣

年齢とともに髪にハリやコシがなくなるのはヘアサイクルの衰えが原因です。美容師でヘアサロンの代表を務める野沢道生(のざわ・みちお)さんが、その仕組みを詳しく解説します。




* * *



\r\n■ハリ・コシ低下の原因はヘアサイクルの衰えにあります\r\n


生えてきた髪は成長し、1か月で約1.2cm伸びます。そして一定の期間を経ると退行し自然に抜け落ち、抜け落ちたところからまた新しい髪が生えてきます。この周期を、ヘアサイクルといい、健康な髪の場合、サイクルが一回りするのに約4〜 6年かかります。



加齢によって「髪がやせてきた」「少なくなった」と感じるのは、このヘアサイクルに変化が起こるから。年齢を重ねると、髪が元気に成長する期間が短くなり、まだ細い毛のうちに抜け落ちてしまうのです。これが、女性の薄毛の特徴。髪全体のサイクルが変化するため、男性の薄毛のように部分的に髪が薄くはなりませんが、「ボリュームがなくなった」「根元が立ち上がらない」といった悩みが増えてきます。


\r\n■年齢を重ねると毛穴から生える本数が減ります\r\n


髪が老化し始めると、髪の毛の生え方も変化します。若いころはひとつの毛穴から3〜4本のしっかりした髪が生えているのに、加齢とともに、それが1本に。さらに老化が進むと、一本一本の毛髪が細くなってきます。進行するほど「髪が薄い」「地肌が目立つ」などの悩みが深刻に。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)