土の処分、水やりのタイミング……プランター栽培のギモンを解決!

土の処分、水やりのタイミング……プランター栽培のギモンを解決!

プランターを傾けて重さをチェック。軽く感じたら水やりのタイミング。撮影:谷山真一郎

使い終えた培養土の処分や水やりのタイミングなど、プランター栽培ならではの基本の悩みに、園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんがお答えします。




* * *



\r\n■Q プランター栽培の一式を整理するとき、培養土などが捨てられずに困りました。工夫できることはあるでしょうか。\r\n


A まず、培養土などの廃棄方法は地域によって異なります。お住まいの自治体の指定に従ってください。



そのうえで、処分の際に最も困るのは培養土でしょう。ヤシを砕いてできるココピートや、堆積したコケが原材料のピートモスなどの、100%植物由来のものにすれば、土と同様に使えて、生ゴミとして捨てられます。捨てるときは、水けをよく絞り、圧縮してよく乾燥させましょう。



ほかに処分に困るものといえば、プランターでしょうか。プラスチック製、素焼き製とも、不燃ゴミとして捨てられます。すぐに片づけたいのであれば、再生紙や再生木材などの自然素材を原料にしたプランターが適しています。


\r\n■Q 水をやりすぎて根腐れを起こしたり、水やりを忘れて、枯らしたりすることがあります。\r\n


A 水やりのコツがつかみにくいようですね。水が必要かどうかを決めるのは植物です。大事なことは、土が乾き、根が呼吸できているということです。



私がおすすめしているのは、プランターの縁を持って傾け、軽く感じたときに水をやる方法です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)