冷えた手足を温めるハーブの入浴剤

冷えた手足を温めるハーブの入浴剤

ローズマリー、タイム、セージの足浴。くるぶしまでお湯につけて血行を促進させる。ハーブの量が多いほど効果は高まるが、ローズマリー、タイム、セージは効能が強いので、ドライの場合は各大さじ2杯くらいから様子を見ながらふやしていく。フレッシュハーブが手に入ればお湯に浮かべても。撮影:岡部留美

冷えた手足を温めるハーブの入浴剤

冷えた手足を温めるハーブの入浴剤の画像

冬本番。寒い冬を元気に乗りきるために、ハーブの力を借りて、体の芯から温まりましょう。フレッシュハーブが入手しにくい冬は、ドライハーブが大活躍。入浴剤におすすめのハーブを、園芸家の外山たら(とやま・たら)さんに教えてもらいました。




* * *



\r\n■冷えた手や足を温めて血行促進 ハーブの入浴剤\r\n


ハーブの薬効成分は多くの場合50℃以上で抽出されるので、熱めのお湯に直接入れるか、ふたをして弱火で20分間くらい煮出してから、水を加えて温度を調節します。煮出したほうが効果は高まります。煮出したあとのハーブは袋に入れて、お湯に浮かべて再利用しましょう。


\r\n■おすすめのハーブ\r\n


足浴の入浴剤



セージ( 右 )

枝や葉を乾燥させたもの。抗菌作用があり、風邪の予防にも。肉料理の臭い消しにも重宝する。



ローズマリー( 中 )

乾燥させた枝や葉。血行を促進する作用がある。強い香りが肉料理やオイル、ビネガーの香りづけにも使われる。



タイム( 左 )

枝や葉を乾燥させたもの。殺菌効果が高く風邪の予防にもなる。肉料理、魚料理にも使える万能ハーブ。





手浴の入浴剤



ラベンダー( 右 )

イングリッシュラベンダーの花のドライ。強い香りでリラックスできる。殺菌効果もある。



ローズ( 左 )

香水の原料になる原種(ダマスク・ローズ)の花のドライ。自家製のバラを使う場合は無農薬栽培の香りのよい品種を使う。殺菌、リフレッシュ効果があり、肌にもよい。





※妊婦や乳幼児、アレルギー体質の方、持病のある方は、事前に医師などの指導をお受けください。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年2月号より

1

関連記事(外部サイト)