ストレスの正体を知ろう

ストレスの正体を知ろう

イラスト:小幡彩貴

空を見上げることを忘れるほど頑張ったり、体がギューッと硬くなるほど我慢をしたり。過去の出来事にクヨクヨしたり、未来のまだ起こっていないことを心配したりと、気付けばモヤモヤとしたストレスの中で生活していませんか?



今、世界が注目している「マインドフルネス」は、さまざまなストレスに対する、心の使い方です。医学博士で臨床心理士の熊野宏昭(くまの・ひろあき)さんに、ストレスの正体と最新の対処法を教えてもらいました。




* * *




「今の職場はストレスがたまるんだよね」「最近、ストレスで胃が痛くて」など、「ストレス」という言葉は日常的によく使われています。しかし「ストレス」は物質ではないので、体のどこを探しても見つけることはできません。ストレスについては、長年、生理学と心理学の方面から研究が進められてきましたが、20年ほど前から脳科学の研究が進み、ストレスに対するアプローチは新たなステージを迎えています。



ストレスへの対処法を紹介する前に、ストレスのメカニズムについて簡単に説明しましょう。下図のように、ストレスの原因となる刺激「ストレッサー」が加わると、それを脳が認知し、「ストレス反応」が起こります。ストレスの認知には個人差があり、それによってストレス反応は異なります。


\r\n■ストレスに負けないための最新対処法とは?\r\n


ストレス反応は、誰にでも起こる自然な反応です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)