政治家・宗教家ガンディーの真骨頂 「塩の行進」

イギリスによる植民地支配下のインドに生まれたガンディーは、南アフリカで弁護士として活動した後、インドに戻り国内各地で労働運動を指揮して頭角を現し、やがてインドの独立運動の指導者として事実上のトップに立ちました。運動が拡大し、独立の機運が高まっていた1922年、街頭デモに対して発砲した警官に民衆が激昂し、警官22人を建物の中に追い込んで焼き殺すという事件が起こります。これを知ったガンディーは「このようなことが起こるならインド人は独立すべきではない」と、一切の独立運動から距離を置いてしまいました。



その後、1920年代の終わりに、ネルーやチャンドラ・ボースといった若い独立運動家たちによって独立運動が再び盛り上げりを見せ、運動の中心組織である国民会議派の指導者がガンディーに「もう一度独立運動のトップに立ってほしい」と懇願します。1カ月半ほど考えた末にガンディーが出した結論は「私は海岸まで歩いて行って、塩をつくろうと思う」というものでした。この決意の意味について、東京工業大学教授の中島岳志(なかじま・たけし)さんが解説します。




* * *



\r\n■政治の中に、宗教を取り戻す\r\n


当時のインドでは、塩はイギリスによる専売制となっており、勝手に塩をつくることは法で禁じられていました。どんな貧しい人も、塩は植民地政府から買わなくてはならなかったのです。人間の身体にとって不可欠な、しかも天からの恵みであるはずの塩を、なぜイギリスが独占しているのか。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)