シンプルだけれど、みんな大好き 卵焼きとから揚げの弁当【レシピ掲載】

シンプルだけれど、みんな大好き 卵焼きとから揚げの弁当【レシピ掲載】

から揚げのつくり方はテキストに掲載しています。撮影:豊田朋子

子どもも大人も大好きで弁当の定番となったおかずといえば、卵焼きと鶏肉のから揚げ。どちらも弁当を華やかにする人気の一品です。料理研究家の渡辺あきこさんがつくった「卵焼きとから揚げの弁当」から、「関東風 みつば入り卵焼き」のレシピをご紹介します。




* * *




関東風の甘めの卵液にみつばの爽やかさ、しいたけのうまみを合わせて濃厚な味わいの卵焼きに。昆布を効かせた濃いだしで。



材料(2人分)

卵 2コ

みつば 4本

生しいたけ 1枚

A[だし:大さじ1と1/2、砂糖:大さじ1、塩:1つまみ、しょうゆ:小さじ1/2、酒:小さじ1/2]

サラダ油 適量



つくり方

1 みつばは1cm長さに切る。しいたけは軸を落として5〜6mm角に切る。



2 Aの材料を混ぜ合わせる。



3 ボウルに卵を割り、カラザを取って解きほぐす。2を少しずつ加えて混ぜ、1を加えて混ぜる。



4 卵焼き鍋を熱して油少々をなじませ、卵液を玉じゃくしに七分目ほど入れて流し入れ、全体に広げる。半熟になったら奥から手前へ巻く。巻いた卵を奥に寄せ、あいたところに油少々をなじませ、再び同量の卵液を流し入れる。巻いた卵を持ち上げて下にも卵液を流し入れ、同様に手前に巻き込む。これを繰り返す。



5 巻きすにとって巻き、しばらくおいて形を整え、冷めたら食べやすい大きさに切る。



■『NHK趣味どきっ!明日使える!お弁当大百科』より

1

関連記事(外部サイト)