野趣あふれる雰囲気が魅力! プチロックガーデンをつくろう

野趣あふれる雰囲気が魅力! プチロックガーデンをつくろう

ニリンソウなどの山野草を使うと、よりナチュラルな雰囲気に。撮影:成清徹也

石を組み合わせてワイルドな空間を楽しむロックガーデン。難しいと思われがちですが、意外と簡単。小さなスペースで、両手で持てる程度の石を使えば、短時間ででき上がります。そろそろ暖かくなって、庭仕事を始めたいころ。ロックガーデンにチャレンジしてみませんか。ガーデンデザイナーの玉崎弘志(たまざき・ひろし)さんに、ロックガーデンの特長と、手軽につくるポイントを教えてもらいました。




* * *



\r\n■ロックガーデンは植物が元気に育つ環境\r\n


ロックガーデンは、石を組み、その間にできたすき間に植物を植えてつくる庭。野趣あふれる雰囲気が魅力です。



メリットは石が地中の温度をコントロールしてくれるので、夏と冬の地温が適温に安定することです。組んだ石は、夏は夜に冷え、冬は日中に温まり、翌日にもその温度が残ります。そのために、日中も地温が安定しやすくなるのです。山野草など夏場に弱い植物にも元気に育つ環境になります。



また、根に必要な水と空気が通りやすくなります。石と石の間に根を伸ばすことで、根の生育に欠かせない、水と空気を十分に吸収できるのです。


\r\n■デッドスペースや小さな空間が見違える\r\n


植える植物は環境に合うものならお好みでかまいません。ただし、石の間の植物は植え替えがやりにくいので、草丈の低い宿根草で横に広がるものを選ぶとよいでしょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)