病気や事故、災害に備えて……エンディングノートに書いておきたいこと

病気や事故、災害に備えて……エンディングノートに書いておきたいこと

イラスト:加納徳博

自分の万が一のことが起こったときのために書いておく「エンディングノート」。病気や事故に遭ったときに、搬送先ですみやかに処置を受けられるよう、自分の健康状態を書いておきましょう。併せて、災害時にどのような行動をとるか、家族とどう連絡を取るのかなども話し合って決め、記入しておくと安心です。遺言相続コンサルタント、行政書士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士の本田桂子(ほんだ・けいこ)さんに、書いておくとよい事柄を教えていただきました。




* * *



\r\n■自分の健康状態\r\n


突然倒れたときでも医療機関で適切な治療を受けられるように、持病やアレルギーの有無などを書いておきましょう。



◎服用している薬

ふだん、服用している薬を書き留めておけば、緊急時でも適切な措置を受けやすくなります。おくすり手帳のコピーを貼ってもよいでしょう。薬の種類が変わったら、すぐに情報を更新しましょう。



◎かかりつけの病院

病院名や担当医師名を書いておけば、救急搬送された先の医療機関が詳細を問い合わせることもでき、病状の把握などにも役立ちます。かかりつけの病院が複数ある場合は、診察券をまとめてコピーし、貼ってもよいでしょう。


\r\n■告知と余命宣告に関する希望\r\n


病気で回復困難な状態になったときに、医者から告知と余命宣告を受けるかどうかの希望です。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)