「これからも最新形で戦いたい」谷川浩司九段、自らを語る

「これからも最新形で戦いたい」谷川浩司九段、自らを語る

写真:河井邦彦

14歳で棋士になり、史上最年少名人に駆け上がった谷川浩司(たにがわ・こうじ)九段。50代半ばにさしかかった谷川九段にとっていかに集中力を切らさずに戦い抜けるかが、現在のテーマだと語る。




* * *



\r\n■これからも最新形で戦いたい\r\n


私が始めに大きな影響を受けた棋士は、地元・神戸にお住まいの内藤先生(國雄九段)です。当時はプロ棋士の存在自体が世間にあまり知られていない時代でした。内藤先生の幅広い活動が世間に棋士という職業があることを広めたのだと思っております。小学生のときにイベントの席上対局で二枚落ちで教わったことはよき思い出です。



10代のころ影響を受けたのが中原先生です。私が奨励会に入る前の年に大山先生(康晴十五世名人)から名人位を奪取されました。しかも、私が八段になるまで中原名人時代が続いたのです。ほかの棋士が大山振り飛車を攻略できない状況で、中原先生は積極的に攻めて難攻不落の大山先生を負かしたのです。積極的に攻め勝つ姿勢に刺激を受けました。



中原先生の連覇を9で止めたのが加藤先生(一二三九段)です。名人はそう簡単に動かぬ地位だと思っていたので衝撃的でした。翌年、私が加藤名人に挑戦しました。中原先生にはリーグ戦と挑戦者決定戦で勝つことができましたので、名人に挑戦する資格はあると自信を持って臨んだものです。



周囲が新しい人材を熱望しているような雰囲気を感じましたし、チャンスはあると思って名人戦に臨みました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)