“宇宙流” 武宮正樹九段、棋聖戦挑戦者決定戦で繰り出した「太陽の一手」

“宇宙流” 武宮正樹九段、棋聖戦挑戦者決定戦で繰り出した「太陽の一手」

撮影:小松士郎

“宇宙流” 武宮正樹九段、棋聖戦挑戦者決定戦で繰り出した「太陽の一手」

“宇宙流” 武宮正樹九段、棋聖戦挑戦者決定戦で繰り出した「太陽の一手」の画像

『NHK囲碁講座』の連載「シリーズ一手を語る」に、世界中にファンの多い武宮正樹(たけみや・まさき)九段の登場です。今回ご紹介する「太陽の一手」は、朗らかなお人柄と、「宇宙流」と称される棋風にピッタリのネーミング。味わい深い「太陽」のお話を存分に語っていただきました。




* * *



\r\n■棋風は正反対\r\n


趙治勲名誉名人との一局から今回の一手を選びました。棋聖戦の挑戦者決定戦・三番勝負の2局目で、僕が37歳のときですね。この年は、第1回世界選手権戦で優勝したり、本因坊も4連覇中だったりと絶好調でした。治勲さんとは木谷實先生の道場に入ってからの長いつきあいですが、棋風は言ってみれば僕らは正反対。彼の打ち方には、断崖絶壁のところをいつも歩いているような厳しさがあって、僕にはまねができないし、彼は彼で僕のまねはできないと思っているかもしれない。だから彼と打つと、両極端というか、ドキドキするような局面が生まれるんですね。打っていて楽しいのですが、どちらかと言えば苦手なほうかな。というのは、彼は勝負に対する思いがものすごく強い。命を懸けて戦っている雰囲気が伝わってくるわけですよ。



もちろん僕もちゃんとやってるんですけど、そのすごさに負かされた感じはありますね。僕もプロになったころは、いわゆる力碁でした。それから自分でいろいろ勉強しながら「こんな打ち方が面白いんじゃないか」と見つけていって、そこそこ成績もよく注目されるようになって、16歳のころにはもう「宇宙流」と言われる打ち方をしていましたね。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)