ジャガイモが主食の国、ドイツのジャガイモ料理

ジャガイモが主食の国、ドイツのジャガイモ料理

ジャーマンポテトは塩ゆでしたジャガイモの残りを薄切りにして作る、日本で言うところの「冷やご飯で作るチャーハン」的な料理。時間をかけてじっくりと焼き、カリッと仕上げます。撮影:安彦幸枝

ジャガイモが主食の国、ドイツのジャガイモ料理

このポテトサラダは、いうなれば「混ぜご飯」のような料理。大量に仕込んでお弁当にも。コンソメスープとフレンチドレッシングをゆでたてのジャガイモに加えて味をしみ込ませます。さばやニシンの酢漬け、リンゴなどを加えることも。テキストでは、門倉さんのおばあさまのレシピを紹介しています。

日本人のお父さまとドイツ人のお母さまのもと神戸で生まれ、日本、ドイツ、アメリカで育った料理研究家の門倉多仁亜(かどくら・たにあ)さん。テレビや雑誌などでドイツのライフスタイル全般を紹介しつつ、鹿児島でのスローライフを楽しんでいます。



ドイツに住むおばあさまのジャガイモ料理に、幼いころから慣れ親しんできた門倉さんに、ドイツのジャガイモ事情を教えていただきました。




* * *




ドイツにおけるジャガイモは、日本における白米と同じような存在で、もう一つの主食であるパンを日に二食、ジャガイモは一日一度、必ず食べるのだそうです。塩ゆでに、残ったら炒めて、焼いて、また、サラダにしたり、おだんごにしたりするなど、さまざまな調理法があります。



「まずは塩ゆで(または蒸す)が基本です。これはソーセージやハンバーグのほか、肉や魚料理の付け合わせにしますが、余ったら、ラップをかけずに冷蔵庫に一晩おいて水分をとばし、料理に活用します。いわゆる、冷やご飯的な使い方です。日本のお米に例えるならば、塩ゆでは白いご飯。残った塩ゆでを活用するジャーマンポテトはチャーハン。冷やご飯を炒める感覚です。さまざまな素材を入れて作るポテトサラダは混ぜご飯。こう考えるとおもしろいですね(笑)」



食卓に、一度に数種類のジャガイモ料理が並ぶこともあるのかと思っていましたが、あくまで主食なので、基本的に一種類しかジャガイモ料理は食べないのだそうです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)