袋栽培で手軽にダイコン

袋栽培で手軽にダイコン

イラスト:阿部真由美

培養土袋を利用すれば、省スペースで気軽にダイコンが育てられます。培養土袋に直接タネをまいてミニダイコンを育ててみましょう。教えてくださるのは、園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんです。




* * *



\r\n■タネまきから約50日、根長20cm程度のミニダイコンを収穫\r\n


ダイコンは、地中深くに伸びた根を食べる根菜類。栽培するには、大きくて深いプランターを必要とします。でも、必要量の土が入った培養土袋に、直接タネをまいても十分収穫可能です。栽培後、土を除いて小さく畳めば、そのまま捨てられて、大型プランターの置き場所や処分に困ることもありません。



とはいえ、袋栽培で育てるなら、根長20cm程度のミニダイコンや25〜30cmの中型ダイコンがおすすめ。タネまきから50〜60日で収穫できます。ダイコンは水はけのよい環境を好むので、培養土袋に排水用の穴をあけること。土に直接日が当たるとコケが生えたりするので、きちんと遮光することもポイントです。



寒さには比較的強いダイコンですが、発芽直後に寒さに当たると、とう立ちして葉が茂らないうちに花が咲き、根も太りません。寒の戻りがある3月にタネをまくなら、春まきに適したとう立ちしにくい品種を選びましょう。


\r\n■袋栽培でミニダイコンを育てるコツ\r\n


1 培養土袋に排水用の穴をあける



ダイコンは水はけのよい環境を好みます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)