秀吉が愛した北野天満宮の茶菓子

秀吉が愛した北野天満宮の茶菓子

秀吉の命名と伝える長五郎餅。本店でも境内の茶店でも、店内で、餅2つ一皿と抹茶もしくは煎茶のセットでいただくことができる。撮影:平岡雅之

お寺や神社の門前で、歴史を重ねていった町並みが全国に数多くあります。門前町が発展してきた理由のひとつが、いわゆる「名物」。「お参りに行って、ついでにおいしいものを」そんな旅を、日本人は古くから楽しんできました。



北野天満宮では、毎月25日の天神さんの縁日がやってくると、立ち並ぶ屋台の雑踏から少し離れて、境内、東門の内側に「長五郎(ちょうごろう)餅」ののれんがかかり、月に1日だけの茶店が開きます。今では少なくなった自家製あんの品のよい甘さにひかれ、この日に必ず買い求めるというファンは少なくないようです。




* * *




この長五郎餅、実は北野大茶湯(秀吉が権力誇示のために催したといわれる大規模な茶会)と深い関係があります。



大茶湯が開かれる以前から、天神さんの縁日になるとやってきて、わずかな数の餅を売っては帰っていく河内屋(かわちや)長五郎と名乗る老人がいました。この、薄皮にあんを包んだ上品な餅が次第に評判を呼んだといいます。やがて大茶湯が開かれたとき、長五郎も茶屋を出して餅を献上したようで、これが秀吉にいたく気に入られ、「長五郎餅」の名を賜りました。


\r\n■守る、伝える、試みる 手間を惜しまないことが味を確かなものにする\r\n


日頃、天満宮そばで営業する本店で、21代目店主の藤田典生(ふじた・のりお)さんに、その人気の理由や味へのこだわりを伺いました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)