プランクで自分の体幹を感じてみよう

プランクで自分の体幹を感じてみよう

撮影:米田樹央

「目指すべきは、美しくタフな体」というフィットネストレーナー、モデルのAYA(あや)さん。テキスト『趣味どきっ! 体の中からキレイになる! 美筋ボディーメソッド』では、AYAさんが「スクワット」「腹筋」「腕立て伏せ」の3大筋トレを教えてくれます。



エクササイズを始める前に、まず「プランク」のポーズで自分の体幹を感じてみましょう。




* * *



\r\n■体幹を使えれば、3大筋トレもできる!\r\n


3大筋トレに共通するポイントは、体幹をしっかり使うこと。体幹とは体の胴の部分で、体を動かすときの要となる部分です。ここが弱く不安定だと、正しい筋トレはできません。まずはひじをついて体を伸ばす「プランク」と呼ばれるポーズをとり、おなかに力を入れて体を支えましょう。最初のうちは、力を入れる場所がわかりづらいかもしれませんが、お尻を左右からグッと寄せるようにすると、おなかに力が入りやすくなります。毎日繰り返すうちに、体幹を使う感覚がわかるようになるはずです。



プランク 目標:1分間キープ



ひじを曲げて床につき、体をまっすぐに伸ばす。足のつま先は立てる。おなかにしっかり力を入れ、そのままキープする。体を支えられなくなったら無理に続けない。



■『NHK趣味どきっ! 体の中からキレイになる! 美筋ボディーメソッド』より

1

関連記事(外部サイト)