神の山に捧げる三輪そうめん

神の山に捧げる三輪そうめん

最高級の手延そうめんで作るにゅうめんはまた格別。撮影:平岡雅之

清らかな水と澄みきった空気の奈良・三輪山(みわやま)。古代から続く土地の恵みと神話。大神(おおみわ)神社は歴史のロマンを感じさせます。名物・三輪そうめんとの関係を探ります。




* * *




神が鎮(しず)まり秀麗な姿を見せる三輪山(上写真。標高467m)は、三諸(みもろ)の神奈備(かんなび/神の鎮座する山)と呼ばれています。



「倭(やまと)は 国のまほろば たたなづく 青垣(あおがき)山隠(やまごも)れる 倭しうるはし」と、その緑にあふれた様をたたえられた山々の東南にあるのが大神神社で、清らかな斎庭が広がる正面の拝殿は、神体山・三輪山を背にして建っています。通常拝観できませんが、拝殿の奥には小さな鳥居を左右に組み合わせた「三(み)ツ鳥居」があります。本殿は設けず、この鳥居を通して三輪山を拝するという原初の神祀まつりの様が伝えられています。



大神神社は、主祭神として「偉大なるモノ(精霊)の主」という意味をもつ大物主神(おおものぬしのかみ)が知られ、ほかに大己貴神(おおなむちのかみ)と少彦名神(すくなひこなのかみ)が祀られています。



この大物主神に連なる人物が三輪そうめんの起源に大きく関わっています。大神神社の近くでは三輪そうめんの名店が軒を連ね、神社ではそうめんに関わる神事が行われています。



大神神社を起点にして、日本最古の道「山の辺(べ)の道」が奈良まで30kmにわたって貫いています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)