嫉妬こそ悪魔に相応しい属性である

小林秀雄らが創刊した雑誌「文学界」で、哲学者の三木清(みき・きよし)は1938年から4年間に渡って断続的にエッセイを掲載しました。これらを一冊にまとめたものが『人生論ノート』です。「嫉妬」について論じた章で三木は、フランシス・ベーコンにならい、これを「悪魔に最もふさわしい属性」だと非難しました。哲学者の岸見一郎(きしみ・いちろう)さんが読み解きます。




* * *



どのような情念でも、天真爛漫(てんしんらんまん)に現われる場合、つねに或る美しさをもっている。しかるに嫉妬には天真爛漫ということがない。愛と嫉妬とは、種々の点で似たところがあるが、先(ま)ずこの一点で全く違っている。即(すなわ)ち愛は純粋であり得るに反して、嫉妬はつねに陰険である。


愛と嫉妬に共通するのは、どんな情念よりも「術策的」で「遥(はる)かに持続的」な点です。持続するから、そこに術策が入り込む余地が生まれ、術策が入り込むことで、ますます持続する。他の情念はそんなに長続きしないので、愛や嫉妬ほどは人間を苦しめない、というのが三木の考察です。



さらに、「烈(はげ)しく想像力を働かせる」のも両者に共通の特徴だと言います。


想像力は魔術的なものである。ひとは自分の想像力で作り出したものに対して嫉妬する。


ただし、嫉妬が想像力を働かせるのは、そこに混入する「何等かの愛に依(よ)って」であり、そもそも愛がなければ嫉妬の感情は湧かないとも語っています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)