清酒発祥の地でよみがえる室町時代の酒

清酒発祥の地でよみがえる室町時代の酒

正暦寺の境内に建つ「日本清酒発祥之地」の石碑。撮影:平岡雅之

清酒発祥の地でよみがえる室町時代の酒

その年の「酒母」を造る菩提?清酒祭の様子。祭の最後には、僧侶たちが菩提 ?の安全製造祈願をする。

最盛期には86坊の塔頭(たっちゅう)が建つ、巨大寺院だった菩提山正暦寺(ぼだいさんしょうりゃくじ)。今は山深い静かなこの寺で、日本初の清酒が造られたと言われています。




* * *




奈良市を南に向かうと、『日本書紀』の編者・舎人(とねり)親王の墓とも言われる帯解黄金塚(おびとけこがねづか)古墳が見えてきます。さらに山奥に進むと菩提山(ぼだいさん)の正暦寺に到着します。奈良市から車で25分ほどの立地にありながら山深い幽谷の印象を受けるところです。今は伽藍(がらん)の多くが失われ、国の重要文化財である福寿院からさらに100m登った石段の上に本堂と鐘楼などが残るのみで、寺は山に囲まれ静まり返っています。



古来より、菩提山は楓(かえで)の木が多く、秋、華やかに紅葉する様から「錦の里」と呼ばれ、観光スポットとして親しまれてきました。菩提山の川のせせらぎや虫の音に耳をかたむける人たちを、伸びやかな宗教空間に誘っています。



14世紀中頃、ここ菩提山で日本初の清酒が造られたと言われています。その名も「菩提泉(ぼだいせん)」。当時主流の白く濁った「どぶろく」とは異なり、ここ正暦寺では、現代の酒造技術の基本である「諸白(もろはく)」による「酒母(しゅぼ)」造りから、透明な酒=「清酒」を新たに生み出していたというのです。



それから時がたち、いつの間にかそのことは忘れられていましたが、近年、当時のお酒を復活させようというプロジェクトが結成されました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)