野菜ストックでラクラクごはん

野菜ストックでラクラクごはん

塩オイルキャベツに鶏肉の照り焼きを豪快にのっけた、ガッツリサラダ!(料理:市瀬悦子)つくり方はテキストをご覧ください。 撮影:木村 拓(東京料理写真)

野菜ストックでラクラクごはん

野菜ストックでラクラクごはんの画像

余りがちな大きめの野菜や袋詰め野菜を、ラクしてムダなく使いきりたい! 『きょうの料理ビギナーズ』2017年5月号の特集は「野菜ストックでラクラクごはん」。一気にまとめてパパッと下ごしらえをしておけば、日々のごはんづくりもスムーズに。手間なく簡単にできる冷蔵&冷凍ストック術と、お手軽活用レシピを紹介しています。




* * *



\r\n■塩オイル\r\n


キャベツと新たまねぎは、生のまま塩と油でもんで冷蔵ストック。歯切れのよい食感&みずみずしさが持続します。



塩オイルキャベツ。できたてはパリパリッ、徐々に味がなじんでしんなりします。ごま油の香ばしさで、これだけで箸休めやお酒のつまみにも。


\r\n■レンチン\r\n


じゃがいも、にんじん、かぼちゃ、なすはレンジ蒸しにして冷蔵ストック。パサつかずに、しっとり口当たりよく仕上げる極意を伝授します。



新じゃがを皮付きのまま、切らずにラップで包んで電子レンジにかけます。完全に冷めるまでラップを外さないのが、パサつかせないコツです。


\r\n■ゆでる\r\n


小松菜、ブロッコリー、ピーマンは塩ゆでして冷蔵ストック。手早くゆでて彩りよく仕上げ、うまみや栄養も逃しません。



小松菜のシャキッとした食感を生かすには、ゆですぎは禁物。ゆで上がったらすぐに冷水にとり、水けをしっかり取って保存します。



※それぞれの詳しいつくり方、活用レシピはテキストに掲載しています。



■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2017年5月号より

1

関連記事(外部サイト)