老舗純喫茶のフワフワたまごサンド

老舗純喫茶のフワフワたまごサンド

撮影:野口健志

『きょうの料理ビギナーズ』の人気連載「サカタメシ」。料理研究家の坂田阿希子(さかた・あきこ)さんが、こだわりのレシピを紹介しています。5月号では、故郷の純喫茶で必ずオーダオーするという「たまごサンド」を再現しました。




* * *




私の故郷、新潟県長岡市に、昔から通い続ける老舗の純喫茶があります。そこに行ったら必ずオーダーするのが、フワフワ焼きたてのオムレツをはさんだ「たまごサンド」。これがとにかく絶品なのです。そこのサンドイッチを再現したくてたどり着いたのが今回のたまごサンドです。



再現するのには、いくつかの絶対守りたいお約束があります。パンは当日焼きたての食パンであること。この食パンはくせのない普通の食パンであること。この普通の食パンというのが大事です。そしてパンの厚さは8枚切り。これより薄くても厚くてもダメなのです。8枚切りがベスト。



まず、8枚の食パンを並べ、片面にマヨネーズをポンポンッとのせて塗ります。そう、バターでなくてマヨネーズ。これがこのたまごサンドの憎めない味のポイント。バターを柔らかくして塗る、って結構面倒くさいもの。マヨネーズだと冷蔵庫から出したてでもササッと塗れるので、思い立ったときにすぐつくれる。これもいいところ。



卵は3コずつ焼きましょう。6コだといい感じの柔らかさに仕上げるのが難しいのです。フライパンにバターを溶かし、溶いた卵をざっと流します。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)