プロに聞く、バラを美しく撮るコツ

プロに聞く、バラを美しく撮るコツ

撮影:桜野良充

なかなかきれいに撮れないバラ。撮影のコツを、写真家の桜野良充(さくらの・よしみつ)さんに聞きました。「バラは、花びらが幾重にも重なる複雑な構造をしていることが多く、それが特有の美しさを生み出しています。でも同時に、その奥に深い構造がバラの花に影を生み、写真撮影を難しくしている原因でもあります。香りが伝わるような、柔らかな表情を撮りたいときは、花の下に白い板かクラフトペーパーを置きましょう。陰になる部分を人為的に明るくすることで、ふんわりとやさしく、深い美しさを表現できます」。



■『NHK趣味の園芸』2017年5月号より

1

関連記事(外部サイト)