曹操が目指したロールモデル

「治世の能臣、乱世の姦雄」と評された魏武、曹操。軍事から詩作まで抜群の才能を示した不世出の大人物には、政(まつりごと)を執り行う上でのロールモデルがいました。早稲田大学 文学学術院 教授の渡邉義浩(わたなべ・よしひろ)さんが、名士社会にデビューする直前の曹操の姿を解説します。




* * *




曹操は、まったく何もないところから生まれた天才ではなく、その生き方のモデルとなった人物がいます。橋玄(109〜183)といい、チュウコウ(※1)が目をかけ推挙した人物でした。つまり、橋玄にとって曹操は、恩人(チュウコウ)の、そのまた恩人(曹騰)の孫ということになります。この橋玄との出会いが、曹操に大きな影響を与えました。



※1:チュウコウのチュウはノ木偏に「中」、コウは「日」の下に「高」の字



ここで橋玄の人となりについて、触れておきましょう。後漢は崩壊以前、各地の富裕層・有力者の力を利用し取り込むことで、政治を運営していました。このある種アバウトな統治方法のもとでは、有力者たちの意向を無視できなくなりますから、厳格な法の運用は難しくなります。具体的には、地方の役所は有力者の子弟で埋め尽くされ、彼らが罪を犯しても罰せられないような状況が生まれたのです。この寛やかな統治を、「寛治」と呼びます。これが、儒教を中心に置いた後漢の統治方法でした。



橋玄は、典型的な儒教官僚の家柄の出身でした。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)