ヨーグルトが体にいいのはなぜ?

ヨーグルトが体にいいのはなぜ?

「ヨーグルトにドライフルーツを漬けるのもおすすめ。食物繊維が豊富なスイーツになります」(小林暁子先生)撮影:安井真喜子

牛乳に乳酸菌を加えて発酵させるとできるヨーグルト。ヨーグルトが体にいいのはなぜなのでしょう。順天堂大学医学部教授の小林弘幸(こばやし・ひろゆき)さんと、クリニック院長の小林暁子(こばやし・あきこ)さんにうかがいました。




* * *



\r\n■ヨーグルトは食べ続ければよい腸内環境を保てる\r\n


腸内にはたくさんの細菌がいて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が勢力争いをしている……と聞いたことがある人は多いでしょう。



「ヨーグルトを食べると、その菌が腸に住み着いて、善玉菌が優勢になると思っている人が多いですが、実は、ほとんどの菌は腸に住み着くわけではありません」(小林弘幸先生)



腸内細菌のバランスは5歳ごろまでに決まってしまい、その後違う菌が入ってきても定着しにくいようです。



「ヨーグルトの菌は善玉菌の代表のビフィズス菌を増やしますが、あくまでも“転校生”。もともと住んでいた菌たちに刺激を与えて活性化させ、去っていく存在です。ヨーグルトの効果は、菌が生きていても死んでいてもあまり変わりません。これは菌が腸で増殖して、体にいい成分を出しているからというわけではないということです。さらにヨーグルトの菌は、ほとんどが腸まで届く前に死滅しています。効果を示しているのは、ヨーグルトの発酵過程で菌が産生した乳酸、酢酸、酪酸などや菌体成分だと考えられます」(小林弘幸先生)



つまり、ヨーグルトは“食べ続ければ”善玉菌を元気に働かせることができる、というわけ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)